トップへ » 治療について » 入れ歯治療

患者さんにぴったりの入れ歯

入れ歯治療

入れ歯に関して患者さんからよくお聞きする悩みは「外れる」「ずれる」「違和感がある」「痛い」などです。当院では患者さんにぴったりの入れ歯をお作りします。

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯がありますが、どちらにしても治療は、保険適応でできるものと、保険外の自費治療になるものとがあります。当院では患者さんのご希望により治療方法を選択できます。

保険適応の入れ歯治療
保険で治療できる入れ歯には、次のような特徴があります。

・人工の歯と、歯ぐきに似た色の義歯床部分の素材がプラスチック(レジン)です。
・義歯床の素材はプラスチックなので、一定の厚みが必要です。患者さんによってはこれが違和感となることもあります。・部分入れ歯の場合は金属の留め金(クラスプ)で固定します。
・費用負担が少なく、短時間で作ることができます。

部分入れ歯の特徴【部分入れ歯の特徴】
・1~数本の歯が失われた場合の治療
・人工歯、歯ぐきと似た色の義歯床を残っている歯に固定する留め金が必要・人工歯と義歯床はプラスチック、留め金は金属
・取り外しができるので、お手入れが簡単

ただし、次のような欠点もあります。
・金属で固定するため、見た目が悪く、入れ歯だとわかってしまう
・義歯床に違和感を覚えることがある
・留め金をかける歯の一部を削る必要があり、削った歯が虫歯になる危険性がある
・金属アレルギーの原因となる場合がある

総入れ歯の特徴【総入れ歯の特徴】
・すべての歯が失われた場合の治療
・患者さんの歯肉(粘膜)に合わせた人工歯と、歯ぐきと似た色の義歯床が必要・人工歯と義歯床はプラスチック

ただし、次のような欠点もあります。
・粘膜に吸着させて装着するため、しっかりかむ噛むことが難しい
・全体に厚みがあり、義歯床に違和感を覚えることがある
・使用し続けるうちに、ニオイが気になることがある
・金属アレルギーの原因となる場合がある

院内技工士がその場で修理・調整する、ぴったりの入れ歯

歯科技工士歯や歯茎の形、大きさなどは1人1人違います。そのため、従来は入れ歯がなじむまで何回か微妙な調整が必要でした。当院では歯科技工士が院内に常駐していますので、歯科医師と歯科技工士が連携して患者さんにぴったりの入れ歯を作ります。

【歯科技工士が院内にいるメリット】
・歯科技工士が患者さんのお口の中を直接見たり、患者さんとお話をすることによって、微妙な歯の状態まで理解して精度の高い入れ歯を作ることができる・技工所に依頼する場合と比べて、時間が短縮でき、コストも抑えられる・違和感がある場合は、その場ですぐに調整できる
・入れ歯が破損しても即日に修正ができる
・削った部分の仮歯、緊急の仮歯などにも対応できる

当院の歯科技工士は患者さんに喜ばれるよう、型取り、石膏模型、被せ物、詰め物、入れ歯などの製作の技術向上のために研鑽を積んでいます。わからないことや違和感がありましたら、何でもおたずねください。

快適で見た目も気にならない部分入れ歯「TSC」

バルプラスト当院では、従来の入れ歯に違和感がある患者さん、金属アレルギーが気になる患者さんのために、軽くて違和感がほとんどない新しい部分入れ歯「TSC」も用意しています。TSCは、米国で50年の実績と信頼のある製品です。

※TSCは自費治療となります。

TSCの特徴
●金属の留め金がなく、入れ歯と気づかれない
金属の代わりにスーパーポリアミドナイロンの樹脂が留め金の役割を果たすので、金属フレームや金属製のバネが不要です。そのため、見た目にも自然で目立ちません。

●薄く、違和感がほとんどない
スーパーポリアミドナイロンの樹脂を使用することで薄さを実現し、装着時の違和感がほとんどありません。そのうえ、曲げても割れません。

●軽くて安定性に優れる
重さは従来の入れ歯の半分程度です。また、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコンというクッション材で覆っているので安定性もよく、食べ物をしっかり噛むことができます。

※生体シリコンは使用状況、管理状況によりますが大体2~3年で張り替えとなります。
 費用はおおむね20,000~30,000円くらいとなります。

●お口にぴったりフィットして快適
従来の入れ歯に比べ、しなやかでお口にぴったりフィットします。

●金属アレルギーの心配がない
金属を使用しないので、金属アレルギーの方も安心です。無味・無臭です。


トップへ » 治療について » 入れ歯治療


PAGE TOP