トップへ » 治療について » 口腔外科

お口やあごの疾患を治療します

口腔外科

口腔外科とは、口腔(口の中)、あご、顔面やその隣接組織に現れる先天性・後天性の疾患を治療する診療科です。たとえば「歯ぐきが腫れて痛い」「口内炎がなかなか治らない」「あごをぶつけた」などの症状を持つ患者さんも、口腔外科を受診されます。

また口腔外科では、歯そのものが原因となる疾患だけでなく、交通事故やスポーツなどによる外傷、顎関節の疾患、腫瘍、神経疾患、奇形なども扱います。患者さんは、食事、会話などの機能に影響があるほか、審美的にも問題が発生します。口腔外科では、こうしたさまざまな疾病を治療し、患者さんのお口やお顔全体が健康的で生き生きとした美しさを取り戻すための診療を行います。

親知らずの治療もご相談ください

親知らず口腔外科で最も一般的なのは、親知らずの治療です。親知らずとは、奥歯の一番奥側(顔の中心から数えて8番目)に生える永久歯で、智歯(ちし)または第3大臼歯と呼ばれます。親知らずが生えるのは20代前半頃ですが、もともと親知らずがない人や、上下左右の4本が揃っていない人もいます。

また、人により生え方もさまざまで、きちんと生えてこないと痛みや腫れの原因となり、治療が必要な場合、抜いたほうがよい場合があります。

親知らずのタイプ
親知らずには、生え方の向きや深さなど、いくつかのタイプがあります。

●まっすぐに生えているタイプ親知らず
普通の歯と同様にまっすぐに生えた状態です。歯の奥の歯ぐきと歯の隙間に汚れがたまりやすいのが難点です。特に腫れや痛みがなければ、抜く必要はありません。

●斜めに傾いているタイプ親知らず
あごが小さいことなどが原因で親知らずが生えるスペースがなく、斜めに生えてきたもので、途中からまっすぐになることはありません。歯と歯ぐきの間に歯垢がたまりやすく、虫歯や炎症のリスクが高いタイプです。

●埋伏タイプ親知らず
親知らずが見えず、手前の奥歯の根元にぶつかるように横に倒れて生えている状態です。手前の奥歯と歯肉の間から細菌が侵入し、歯周炎を起こす危険性があります。

親知らずが及ぼす影響
まっすぐ生えているタイプや斜めに傾いているタイプの場合は、以下のようなさまざまな症状を引き起こすことがあります。

・親知らずそのものが虫歯や歯周病になりやすい
・周囲の歯に悪影響を及ぼしたり、口臭の原因となったりする危険性が高い
・親知らずがあごの動きを妨げて、顎関節症(顎機能障害)を引き起こす
・あごの奥深くに埋まった状態の親知らずが、あごの骨折の原因となる場合もある

このような場合は、抜歯の対象となります。親知らずの抜歯は、その生え方により10~60分ほどかかります。深く埋もれた状態や、歯とあごの骨が密着している場合は、麻酔をかけて歯肉を切開して骨を削ります。

親知らずは、骨に埋もれた状態や神経に近い位置にあるなど、治療が難しい場合もあり、適切な処置が必要です。当院では多くの患者さんの親知らずの治療に取り組んでおり、こうした親知らずの治療にも自信を持っています。

当院では、患者さんに負担の少ない処置を心がけています。「私の親知らずは抜いたほうがいい?」「抜歯は痛くない?」「まっすぐ生えていないけど、抜歯できるの?」など、患者さんの疑問や不安にもお答えしますので、まずはご相談ください。

当院で抜歯する事が難しいケースの場合、専門の医療機関にご紹介させていただく場合もございます。


トップへ » 治療について » 口腔外科


PAGE TOP