トップへ » 治療について » 歯周病治療

大切な歯をこれ以上失わないために

歯周病治療

歯周病は、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう病気です。成人の約8割がかかっていると言われますが、深刻な事態になるまで気づかずにいる患者さんも大勢いらっしゃいます。近年、歯周病が全身疾患と深い関わりがあることがわかってきており、歯周病予防の重要性が高まっています。

歯周病の主な原因は細菌です。毎日の歯磨きが正しく行われないと、お口に汚れや歯垢がたまります。それが石灰化して歯石に変わると、歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」という溝が深くなり、細菌の温床となってしまうのです。やがて歯を支える歯槽骨までがとかされ、歯を失うことになってしまいます。

歯周病は初期段階ではほとんど症状がありません。歯茎が腫れる、歯茎から出血するといった自覚症状が現れる頃には、かなり悪化してきています。治療せずに放置すると、細菌によって歯の周りの組織が破壊され、手遅れになってしまいます。

当院ではまずは患者さんのお口のチェックをしています。虫歯などの応急処置は行いますが、詰め物をする、入れ歯を作るなどの本格的な治療は、歯周病を改善してからとなります。なぜならば、歯周病を放置して虫歯治療だけ行っても、歯周病が進行すれば結局は歯が抜け落ちてしまうことになりかねないからです。こうしたことを防ぐためにも、まずは歯周病対策をしっかりと行います。

歯周病治療歯周病は予防が最も大切です。そのためには、患者さんの毎日のセルフケアが重要です。当院では歯ブラシ、歯みがき粉、歯間ブラシ、フロス等の補助器具の使い方、投薬など、患者さんの状態に応じたものを選び、歯科医師または歯科衛生士がご説明しています。
また患者さんの歯の形に合わせた歯磨き指導も行います。

歯磨き指導を受けて正しく磨いているつもりでも、歯周病の原因となる歯石は少しずつたまってきますので、歯をクリーニングすることは歯周病予防に欠かせません。当院では患者さんに定期的に歯石を取り除くメンテナンスをおすすめしています。

歯周病予防に向けて、今後も継続して最新の予防処置を導入していきます。

歯周病の治療の流れ(一般的な方法)

【1. 歯周病検査】
歯周ポケットの深さを測り、レントゲンで骨の状態を観察します。歯周病が進行している場合、回復が困難な歯を抜歯することがあります。
次へ
【2. プラークコントロール指導】
歯周病の最大の原因となるプラーク(歯垢)をコントロールする方法を指導します。
次へ
【3. スケーリング(歯石の除去)】
スケーラーという専用器具を用いて、歯石を取り除きます。
次へ
【4. ルートプレーニング】
スケーリングで取り除くことができない、歯の根の部分の歯石や細菌感染した歯質を除去します。
次へ
【5. 定期メンテナンス】
定期的なメンテナンスにより、歯周病の再発を防ぎます。

歯周内科

歯周内科かつて歯周病の処置は、専用の機械または器具で歯石をとる処置、または歯ぐきを切ったりはがしたりする歯周外科処置が主流でした。当院の院長が開業した頃から、歯周内科治療という治療法が次第に広まってきました。歯周内科は投薬が主流で、お口の中にバイオフィルムの層を形成する菌を薬によって退治するものです。

外科処置との最大の違いは、痛くない、怖くない、歯周病の回復度が実感できる、ということでしょう。投薬とともに、当院に設置している位相差顕微鏡(ペリオセーバー)を使用して、定期的に観察を続けたり、バイオフィルムの原因菌を特定したりすることが可能です。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


PAGE TOP