トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 患者さんにぴったりの入れ歯

患者さんにぴったりの入れ歯

入れ歯治療

入れ歯に関して患者さんからよくお聞きする悩みは「外れる」「ずれる」「違和感がある」「痛い」などです。当院では患者さんにぴったりの入れ歯をお作りします。

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯がありますが、どちらにしても治療は、保険適応でできるものと、保険外の自費治療になるものとがあります。当院では患者さんのご希望により治療方法を選択できます。

保険適応の入れ歯治療
保険で治療できる入れ歯には、次のような特徴があります。

・人工の歯と、歯ぐきに似た色の義歯床部分の素材がプラスチック(レジン)です。
・義歯床の素材はプラスチックなので、一定の厚みが必要です。患者さんによってはこれが違和感となることもあります。・部分入れ歯の場合は金属の留め金(クラスプ)で固定します。
・費用負担が少なく、短時間で作ることができます。

部分入れ歯の特徴【部分入れ歯の特徴】
・1~数本の歯が失われた場合の治療
・人工歯、歯ぐきと似た色の義歯床を残っている歯に固定する留め金が必要・人工歯と義歯床はプラスチック、留め金は金属
・取り外しができるので、お手入れが簡単

ただし、次のような欠点もあります。
・金属で固定するため、見た目が悪く、入れ歯だとわかってしまう
・義歯床に違和感を覚えることがある
・留め金をかける歯の一部を削る必要があり、削った歯が虫歯になる危険性がある
・金属アレルギーの原因となる場合がある

総入れ歯の特徴【総入れ歯の特徴】
・すべての歯が失われた場合の治療
・患者さんの歯肉(粘膜)に合わせた人工歯と、歯ぐきと似た色の義歯床が必要・人工歯と義歯床はプラスチック

ただし、次のような欠点もあります。
・粘膜に吸着させて装着するため、しっかりかむ噛むことが難しい
・全体に厚みがあり、義歯床に違和感を覚えることがある
・使用し続けるうちに、ニオイが気になることがある
・金属アレルギーの原因となる場合がある


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 患者さんにぴったりの入れ歯


PAGE TOP