トップへ » 治療について » セレック治療 » 仕上がりの精度に差が出る エキスパートの連携

仕上がりの精度に差が出る エキスパートの連携

セレックセレックは調整が非常に難しく、歯科医師1人で処置しようとすると、肝心な部分を見落としてしまうことがあります。当院では、高精度のセレック治療を実現するために、歯科医師・歯科技工士の2名体制で、チェックを行って仕上げます。

技工士がスキャニングデータをもとに、修復物をデザインし、コンピュータで自動設計します。そして、そのデータを歯科医師が確認し、歯ぐきとの境目や、噛み合わせの高低、形などを決めます。2人体制で厳しくチェックするからこそ、短時間で再治療の少ないセレック治療が実現できるのです。


トップへ » 治療について » セレック治療 » 仕上がりの精度に差が出る エキスパートの連携


PAGE TOP