トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周内科

歯周内科

歯周内科かつて歯周病の処置は、専用の機械または器具で歯石をとる処置、または歯ぐきを切ったりはがしたりする歯周外科処置が主流でした。当院の院長が開業した頃から、歯周内科治療という治療法が次第に広まってきました。歯周内科は投薬が主流で、お口の中にバイオフィルムの層を形成する菌を薬によって退治するものです。

外科処置との最大の違いは、痛くない、怖くない、歯周病の回復度が実感できる、ということでしょう。投薬とともに、当院に設置している位相差顕微鏡(ペリオセーバー)を使用して、定期的に観察を続けたり、バイオフィルムの原因菌を特定したりすることが可能です。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周内科


PAGE TOP