トップへ » 治療について » 顎関節症(顎機能障害)治療 » 顎関節症(顎機能障害)ではない場合も

顎関節症(顎機能障害)ではない場合も

顎関節症(顎機能障害)治療顎関節症(顎機能障害)ではなく、日常生活の無意識の習慣、お口の中の歯の本数に不快症状の答えが隠されていることもよくあります。たとえば、無意識のくいしばり、歯ぎしり、頬杖など、日常生活の些細な習慣で、顎関節の周囲を取り巻く筋肉が常時緊張し、筋肉痛やコリの症状を起こすと、関節が正常でも口を開いたり閉じたりしにくくなります。

また、安易に顎関節症(顎機能障害)の器具を装着することよって、本来の噛み合わせが元に戻らなくなってしまい、かえって症状が悪化する可能性もあります。当院では、まず患者さんの日常生活をよく伺い、不快症状を起こす悪い習慣や癖の改善方法を提案しています。症状に合った薬を処方するだけで改善する患者さんも多くなりました。


トップへ » 治療について » 顎関節症(顎機能障害)治療 » 顎関節症(顎機能障害)ではない場合も


PAGE TOP