トップへ » 治療について » 顎関節症(顎機能障害)治療 » 顎関節症(顎機能障害)によるトラブルを改善するスプリント療法

顎関節症(顎機能障害)によるトラブルを改善するスプリント療法

顎関節症(顎機能障害)治療当院では、顎関節症(顎機能障害)を治すために必要なスプリントを製作することが可能です。スプリント療法をはじめてから約半年でお口が開くようになり、あごのずれが修正され、食事や会話が楽になります。

なお、スプリント療法は保険の治療でも可能ですが、当院は特別な製作法で行っているため、自費治療となる場合がございます。


トップへ » 治療について » 顎関節症(顎機能障害)治療 » 顎関節症(顎機能障害)によるトラブルを改善するスプリント療法


PAGE TOP