トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯をお手入れする意識

歯をお手入れする意識

予防歯科

健康ブームの中、スポーツクラブに通ったり、定期的に健康診断や人間ドックを受けたりしている方は多いことでしょう。しかし歯については、痛くなったり歯肉が腫れたりしたときだけ歯科に行くという方が多いようです。また、治療が終了してから、再び虫歯や歯周病になってしまうという方も珍しくありません。

予防歯科は、歯に痛みなどの問題がないと思われる状態でも定期的に来院して、虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(菌層)の除去を行うものです。いわばお口のメンテナンス。当院ではこの予防歯科こそが、最も大切と考えています。

歯は食べ物を摂取するための大切な器官。この歯が病気になったら食事の楽しみが失われるばかりではなく、全身に及ぼす影響は計りしれません。しかも、一度虫歯になって削った歯は元に戻りません。歯科医の治療は、人工の詰め物や被せ物で失われた部分を補うだけです。人工の歯はご自身の歯にはかないません。

健康な歯を守るために定期的に来院していただければ、初期の虫歯などは削らずに経過観察しながら予防していきます。また、痛くないときに来院してもらうことで、歯科治療に対する恐怖心も薄らいでいくのではないでしょうか。患者さんにも健康な歯の大切さに気づき、歯をお手入れする意識を強く持っていただきたいと思います。


トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯をお手入れする意識


PAGE TOP