トップへ » 治療について » 小児歯科 » 虫歯の程度に応じた最適な治療

虫歯の程度に応じた最適な治療

虫歯治療は、その虫歯の程度により治療方法が異なります。

虫歯以前の状態(Co)Co
歯ブラシが届かない場合などは、シーラントという奥歯の溝を埋める処置をします。

虫歯がエナメル質から象牙質までの場合(C1~C2)C2
白い詰め物をしたり、銀の被せ物をしたりします。

虫歯菌が歯の神経にまで感染している場合(C3Pul)C3
歯の神経を半分、場合によっては全部除去します。大人の歯(永久歯)の神経までなくなることはありません。

虫歯が大人の歯(永久歯)にまで広がっている場合
大人の歯(永久歯)に影響が出ないように、乳歯を抜くことがあります。


トップへ » 治療について » 小児歯科 » 虫歯の程度に応じた最適な治療


PAGE TOP