トップへ » 治療について » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

【STEP1】
レントゲンでお口の中の状態を確認してから診断に入ります。
次へ
【STEP2】
型取りをします。
次へ
【STEP3】
それをもとに撮影用のステント(マウスガードのようなもの)を製作し、CT撮影を行います(CT撮影は博愛病院の放射線科で行います)。
次へ
【STEP4】
CT撮影の結果を10DRソフト(シミュレーションソフト)にデータ入力し、コンピュータ上でインプラント埋入のシミュレーションをします。その結果インプラントが可能かを判定します。可能でしたらサージカルガイドの製作を行います。
次へ
【STEP5】
インプラント体の埋入処置を行います。患者さん、院長、スタッフ、和田精密歯研(株)のインプラント専任のスタッフで処置を行います。難症例の場合、岡山県・政久デンタルオフィスの政久直紀先生に処置を依頼することもあります。
次へ
【STEP6】
縫合した1週間後に埋入処置後の糸を抜糸します。
次へ
【STEP7】
3か月間はインプラント体が骨に結合するのを待ちます。
次へ
【STEP8】
3か月後にインプラント体が骨と結合したことを確認し、上部構造の製作に入ります。
次へ
【STEP9】
上部構造を装着します。最初のひと月ほどは仮着し、状態がよければ本着して終了です。

インプラントは、あなたの人生をより豊かにする1歩となるかもしれません。何か不安や疑問がありましたら、ぜひご相談ください。説明用DVDもご用意しています。


トップへ » 治療について » インプラント » インプラント治療の流れ


PAGE TOP