トップへ » 治療について » インプラント » 自分の歯と同様に噛める喜びを

自分の歯と同様に噛める喜びを

インプラント

インプラントは、自分の歯と同じようにしっかりと噛め、外見も自然で取り外しの必要がない歯科治療です。「入れ歯はイヤだ!」「食べ物が美味しくない」「恥ずかしい」という方におすすめです。

もしあなたの歯がダメになったら、以下の4つの方法のどれを選択しますか?

1.そのまま放っておく
2.両隣の歯を削ってブリッジにする
3.部分入れ歯を入れる
4.インプラントを入れる

1(そのまま放置)の場合
「1本くらい歯がなくても大丈夫、奥歯だから人には気づかれないし」と放置している間に、今まで噛み合っていた歯が噛む相手を探して伸びてきたり、周囲の歯が歯周病や虫歯になったりしやすくなります。

2(ブリッジ)の場合ブリッジの場合
ブリッジは固定式なので、取り外したり装置を洗ったりする手間はかかりません。違和感が少ないのも利点です。しかしブリッジをかけるために両隣の歯が必要なので、一番奥の歯がない場合はできません。しかも両側の健康な歯を少なからず削らなくてはならないという欠点があります。今まで3本の歯で負担してきたことを今度は2本の歯で負担することになり、支えている歯には大きな負担がかかります。

3(部分入れ歯)の場合部分入れ歯の場合
入れ歯は保険が適用されるので、安く、短期間で手軽に作ることができます。しかし、さまざまな欠点があります。まず違和感です。お口の中の感覚は非常に繊細で、髪の毛1本が入っているだけでも違和感を覚えます。入れ歯は人工の異物なので、補う歯の本数が多くなるほどお口の中に違和感を生じます。

また、部分入れ歯の場合、両サイドにバネのようなものをかけて入れ歯を固定するため、バネをかけられた歯は常に上下左右に揺さぶられ続け、弱って抜けてしまうこともあります。すると、部分入れ歯を大きくして次の歯にバネをかける...ということを繰り返し、着実に総入れ歯に近付いてしまうのです。

さらに入れ歯は取り外し式なので、毎日お手入れをして清潔に保たなくてはなりません。これは手間がかかるだけでなく「他人に見られると恥ずかしい」ということもあります。さらに噛む力が弱くなるため、固い物や粘りのある食べ物が食べづらくなります。

自分の歯があるときには当たり前だったことが入れ歯になるとできなくなり、美味しいものを自分の歯で美味しく食べることがいかに素晴しいか初めて気づくのです。

4(インプラント)の場合インプラントの場合
インプラントは、抜けた歯の代わりに金属製(チタン)の人工の歯の根をあごの中に直接埋め込み、その上にセラミックなどの被せ物をする治療法です。インプラントの利点はブリッジと入れ歯の欠点がないことです。自分の歯と同じようにあごの骨で支えられているため、ほかの歯に負担をかけたり、違和感が生じたりすることがありません。さらに、噛んだときの接触(噛み応え)が自分の歯に限りなく近い感覚となります。


トップへ » 治療について » インプラント » 自分の歯と同様に噛める喜びを


PAGE TOP