トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 治療は専門医が2段階に分けて行います

治療は専門医が2段階に分けて行います

当院では矯正の専門医が治療にあたっています。お子さんの矯正治療は大きく2段階に分けて行われます。

矯正歯科●第1期
主に骨格の矯正です。乳歯のときはあごの骨が成長段階にあるので、骨格のバランスを整えて歯がきれいに並ぶスペースを作っておきます。6歳頃から行うことができ、この治療を行うことで、第2期の治療が短期間で済んだり、抜歯の本数が少なくなったり、治療そのものが必要なくなる場合も多いものです。

矯正歯科●第2期
永久歯が生えそろってから行う、大人の治療と同様の矯正です。ワイヤーなどを使用して、歯並びを整えていきます。子供の頃の歯並びのでこぼこが強い場合は、第2期の治療が必要になります。中学生でも行えますが、高校受験が済んだ後、高校1年生頃に行う方が多いようです。

シンプルな装置で最大限の効果を上げます
第1期での代表的な矯正方法をご紹介しましょう。

【床矯正】
お子さんの矯正治療の基本となるものです。プラスチックのプレートに金属のバネやねじがついた装置で、徐々にあごを広げていき、永久歯が並ぶスペースをつくり、上下のあごのバランスを安定させます。マウスピース型の装置もあります。
当院では白いセラミックの装置を使用しています。

【習癖除去装置】
お子さんの歯並びが悪くなる大きな原因は、指しゃぶり、舌で歯を前に押す癖、口呼吸などの習慣です。習癖除去装置は、こうした悪い習慣をなくすための装置です
指しゃぶりをなくす装置は上あごの前歯の裏側にワイヤーのフェンスを装着します。
舌で歯を押す癖をなくす装置も同様に、ワイヤーのフェンスなどを使用します。
ほかにもくちびるの筋肉を鍛える装置などがあり、お子さんに合わせて治療に取り入れています。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 治療は専門医が2段階に分けて行います


PAGE TOP