トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯並びの問題にもタイプがあります

歯並びの問題にもタイプがあります

お子さんの歯並びの悪さには、歯の土台となるあごの骨の大きさや、くちびるや舌の使い方の癖が大きく影響しており、それを根本的に治さないと、大人になってからの矯正が大きな負担になります。お子さんの歯並びでよくあるケースをみてみましょう

歯並びがデコボコ(叢生)叢生
主にあごの骨が小さいために起こります。乳歯の段階からデコボコに生えているようだと、永久歯に生え変わるとさらに歯並びが悪くなることが予想されます。

出っ歯(上顎前突)出っ歯
上の前歯が舌の前歯よりも極端に前に出ている状態です。指しゃぶり、舌で前歯を押す、口呼吸などの癖によって起こります。

開咬開咬
上下の歯をかみ合わせると、奥歯はかみ合うが前歯には隙間ができている状態。前歯の間から口の中が見えてしまい、また口をぽかんと開けていることがよくあります。主な原因は口呼吸や指しゃぶりです。

受け口(下顎前突)受け口
下の歯が上の歯にかぶさっている状態。あごの骨の問題(下あごの過度な成長か上あごの成長不足)や、歯の傾斜の問題(上の歯が後ろに傾斜しているか、下の前歯が前に傾斜しているなど)が考えられます。あごの骨の問題の場合は、骨格の成長と関わるため早めの治療が必要です。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯並びの問題にもタイプがあります


PAGE TOP