トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 欧米に比べて遅れている歯科矯正

欧米に比べて遅れている歯科矯正

矯正歯科

歯並びに関して日本は他の先進国よりも遅れている、ということをご存じでしょうか。昔から日本では歯並びをあまり気にしない傾向がありました。また欧米人に比べて鼻が低くあごが小さいという骨格的な問題もあり、歯並びが悪くなりやすいのです。

一方、肉食文化の長い欧米では、歯並びはその人の教養、家庭環境、文化的背景を表すものとされ、早い段階で歯並びを整えることが親の責任として普通に行われています。このため矯正治療については、子供向けの治療のほうが歴史があるのです。
最近ではグローバル化の影響もあり、日本においても矯正によって欧米並みの美しい歯並びを手に入れ、笑顔に自信をもってビジネスや生活を楽しむ人が増えてきました。

お子さんのときに矯正を始めることが大事矯正歯科
近年、食生活の変化に伴って噛む力が弱く、あごの発達が遅れて歯並びの悪いお子さんや、あごの成長が不十分なお子さんが増え、お子さんの歯科矯正を行いたいというご両親からの相談も多く寄せられています。

当院ではお子さんの矯正治療に力を入れており、毎月1回、矯正専門医による矯正治療を行っています。お子さんの矯正治療は、あごが成長段階にあり、永久歯に生え変わる前に始めることが望ましいです。一般に大人になってからの矯正に比べて期間が短くてすみます。また、歯並びに関してコンプレックスをもつこともなくなります。

あごの成長段階にあるお子さんが矯正治療を受けることには、大きなメリットがあります。

●歯を抜かずに治療できることが多い
お子さんのあごの成長段階にあわせてあごの骨を広げるなど無理なく矯正できるので、歯を抜かずに治療できる場合が多いのです。

●虫歯になるリスクを減らすことができる
歯並びが悪いとどうしても磨き残しが出ます。また口を開けたままの状態では唾液の量が少なくなり、虫歯になりやすくなります。

●指しゃぶりなどの悪い習慣を直すことができる
悪い歯並びの原因となる、お子さんの癖もあわせて直していきます。

●精神的、費用的負担を軽くすることができる
お子さんの矯正は大人に比べて痛みが少ないのが特徴です。また、治療期間が短くて済む場合がほとんどです。お子さんの段階で治療を受けておくと、永久歯に生え変わってから抜歯をしなくて済んだり、矯正治療そのものが不要になる場合があります。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 欧米に比べて遅れている歯科矯正


PAGE TOP