トップへ » 治療について » インビザライン » 症例によっては「ワイヤー矯正+インビザライン」をご提案

症例によっては「ワイヤー矯正+インビザライン」をご提案

インビザライン様々なメリットの多いインビザラインですが、適応できる症例が限定されるため、複雑な歯並びになると、治療が難しくなります。患者さんの歯並びや噛み合わせを見た上で、総合的に判断しますが、どうしても見た目が気になる方は、ワイヤー矯正とインビザラインの併用をご提案します。始めにワイヤー装置で歯並びをある程度整えておき、その後、インビザラインに変えると、目立たない期間を短縮することが可能です。

<インビザラインの適している方>
・営業職や受付等、人と接する職業の方
・見た目が気になる女性の方
・就職活動中の大学生
・女優やモデル等、容貌を重視する仕事についている方
・フルートやトランペット等、楽器を演奏する方

<インビザラインが適していない方>
・取り外し式なので、きちんと自分で管理できない方
・歯の捻じれや重度の不正咬合がある方


トップへ » 治療について » インビザライン » 症例によっては「ワイヤー矯正+インビザライン」をご提案


PAGE TOP