トップへ » 治療について » インビザライン » インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインインビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供する、世界各国340万人以上の臨床実績のある、透明プラスチック製のマウスピース矯正装置です。治療期間中に使用するマウスピースを一括して作り、定期的に新しい装置と交換していくことで、理想的な歯並びを作ることができる、画期的なシステムです。

治療前に、コンピュータ・ソフトで段階的に歯を動かしながら、最終的なゴールをシミュレーションします。それをもとに、治療期間中に使用する、全てのマウスピースを一括して制作します。一つひとつのマウスピースは微妙に形が違いますが、シミュレーションで段階を追って計算したものなので、順番に交換していくことで、理想的な歯並びに仕上げることができます。

インビザラインの特徴インビザライン
インビザラインと従来のワイヤー装置との大きな違いは、金属を一切使用していないことです。金属を使わないことにより、これまでの装置にあった、見た目や金属アレルギー、治療中のむし歯の問題が解消されました。また従来の装置に比べると、痛みや違和感が少なく、比較的短期間で治療が終わります。調整時の時間短縮にもつながるので、快適な矯正ライフを過ごしていただける治療法です。

●目立だちにくい
透明プラスチック製のマウスピース装置なので、装着時のギラギラとした違和感や、ワイヤーの締め付け感等がありません。営業や受付等、人と接したり、人前に出る機会の多い方でも、誰にも気づかれずに矯正ができます。

●取り外しができる
マウスピース型なので、自分で取り外しができます。食後の歯みがきやお手入れが簡単にでき、口腔内を清潔に保てます。ワイヤー装置で心配していた、むし歯や歯周病リスクがほとんどありません。

●痛みや違和感が少ない
マウスピースの厚さは、0.5㎜と薄く、歯を覆う部分も少ないので、装着時の違和感や異物感がほとんどありません。また歯を少しずつ動かしていくので、装着時の痛みがないという方がほとんどです。

●治療時間が短く、短期治療が可能
基本的には1か月に一度、通院していただきますが、ワイヤーを張り替える必要がないので、短時間で治療が終わります。また、治療期間も短くなり、例えば、ワイヤー矯正で1年かかる症例でも、インビザラインだと8か月程度で終了します。


トップへ » 治療について » インビザライン » インビザラインとは


PAGE TOP