トップへ » 治療について » ホワイトニング » ホワイトニングの注意点

ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは歯を削らずに専用の薬で白くする治療法ですが、天然の歯にしか効果がないため、被せ物や詰め物は白くなりません。全体的に歯を白くすることをご希望の患者さんは、ホワイトニング後に被せ物や詰め物の処置を行うことをおすすめします。

ホワイトニングには、歯を削らない、麻酔を使わないという利点があり、ほとんどの方に行うことが可能です。ただし、次のような場合にはホワイトニングは不適応となり、行うことができません。

・幼児(永久歯が生え揃った成人の方が適応です)
・先天的にエナメル質の発育が不十分な方
・テトラサイクリン系のお薬を服用しており、その影響で歯が変色している方
・妊娠中、授乳中の方
・知覚過敏がある方

上記の方は治療が難しくなりますので、ご相談ください。


トップへ » 治療について » ホワイトニング » ホワイトニングの注意点


PAGE TOP