トップへ » 治療について » 医療費控除について » 医療費控除の対象となる歯科治療

医療費控除の対象となる歯科治療

自由診療の場合
義歯(入れ歯)やクラウン(被せ物)に使用する金やポーセレン(セラミック)は、歯の治療材料として一般的といえるため、医療費控除の対象になります。

歯列矯正の場合
歯列矯正を受ける方の年齢や目的などからみて、歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。

例えば、発育段階にあるお子さんの成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正は、医療費控除の対象になります。

しかし、同じ歯列矯正でも、見た目を綺麗に見せることを目的とした治療の費用は、医療費控除の対象になりません。

交通費
治療のための通院費も医療費控除の対象になります。小さいお子さんの通院など、付添が必要な場合は、付添人の交通費も通院費に含まれます。通院費は、通院した日・金額を記録しておくようにしてください。

通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価です。自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象になりません。

※これからの治療が医療費控除の対象となりうるかどうか気になる方は、治療を受ける前に、スタッフまでご確認・ご相談いただくと確実です。
また、国税庁のホームページもご参照ください。

詳しくは国税庁のホームページへ


トップへ » 治療について » 医療費控除について » 医療費控除の対象となる歯科治療


PAGE TOP